中国から日本へ、国内は佐川便で届きました

ThinkPad Edge E420が届いた

ThinkPad Edge E420が注文してから 1週間で届いた。とりあえず外見や触った感じの感想。
中国から日本へ運送業者は CEVA

発送元は中国。運送業者は CEVAとなっている。

梱包は、ThinkPadの箱を運搬用のダンボール箱で囲むようにして送られてきた。

箱を開けると本体と ACアダプター以外の同梱品は特に無く、シンプルな印象を受けた。

注文時のカスタマイズは、無償で変更できる以下の 2点のみを行った。

  • ディスプレイを「光沢なし, ヒートウェーブ・レッド(光沢なし)」へ変更。
  • キーボードを「英語キーボード」へ変更。

購入価格は上記バナーのリンク先ページに記載されている Eクーポンを利用して 50,081円だった。

ファーストインプレッション

デザインが洗練されている

ThinkPad Edge E420は、従来の「無骨なイメージ」のThinkPadらしくないともいえる洗練されたデザインで、ヒンジのメタル系やキーボード隙間のクリアなブラックなど、ヒカリモノを散りばめたスタイルとなっている。

フタの色に選択した「ヒートウェーブ・レッド(光沢なし)」は綺麗な色で良いのだが、この部分は、モニタの裏なので使っている間はしょせん見えないのが残念。カメラで撮影しても実物の通りに移すのは難しい。

キーボードのタッチ感は良好。

E420キーボード

E420は、アイソレーションキーボードとあって実用性後回しのオシャレ優先キーボードも覚悟していたのだが、使ってみるとそんな事も無くタッチ感は良かった。(ちなみに筆者の好みのキーボードは BTC-5100cである。)

US配列キーボードの配列は、どのキーボードでも大抵クセがある。

上段の配列は、左から[ESC]キーで始まり、その次がファンクションキーなのだが、ファンクションキーと機能キーの重複の関係で[F12]までキッチリある。そして[Insert][Delete][Home][End]と並んでいる。

下段は左下が[Fn][Ctrl]の順で、左下は[Ctrl]キーでないと許せない硬派の方には許されない予感がするが、メジャーな配列でもあるし個人的には問題ない。というか BIOSの設定でSWAPも可能。

それよりも下段配列最大の謎は、スペースバーの隣の[Alt][PrtSc][Ctrl]である。何故、[PrtSc]など、普通は使わないキーがここにあるのか理解に悩む配列になっている。

キーボードに関しては、所詮ノートのキーボード。まともに開発等に使えばヘタりも早いと思われるので、普段は外付けを使おうと思っている。

マウス - トラックポイント

ThinkPadお馴染みのトラックポイントは、やたらと使いやすいのだけど、使っていると左クリック部分のボタンがヘタってキーボード総換えになり、何故か 1万円程度の出費となるので今回は外付けマウスを利用する予定だ。

ThinkPad s30のキーボードは 2枚潰した。他にも ThinkPadシリーズのマウス左部分は 3台くらい潰している。しかし、s30の時も外付けを使おうと思いながら、ついついトラックポイントを使ってしまっていた。

Edge E420のマウスのプロパティ

それから「タッチパッドに見える黒い四角部分」が本当にタッチパッドだったのには驚いたが、コントロールパネルの「マウスのプロパティ」で無効にする事が可能だったので無効にした。

液晶モニタの画質

液晶モニタの画質は普通に綺麗で、視野角は普通に狭く感じる。対応速度はスペックは不明だが遅めに感じる。

Windows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックスを実行した結果を掲載する。

コンポーネントサブスコア
プロセッサ6.9
メモリ5.9
グラフィックス5.9
ゲーム用グラフィックス6.2
ハードディスク5.9

速度的には、YouTubeあたりのFlashなど普通(?)に使っているだけなら何のストレスも無く動作する。

だが、普通に使用しているだけなら、もっと安い i3や Atomでも問題は無いワケで評価は難しい。

不具合のあったチップセットらしい

チップセットは HM65 Rev.B2

CPU-Zで見たところ、Mainboardの項に「Rev.B2」と表示されている為、SATAポート 2 ~ 5に不具合を持つチップセットを使用していると思われる。

ただし本製品は本体的にはSATAポート0~1のみを使用している為、不具合の影響は無いが、eSATAで外付けする場合に不安。

Lenovo曰く ThinkPadシリーズに B2ステッピングSandy Bridgeは使用していない

icon: thinkpad
HM65の B2ステップと同じ問題を持つ QM67に関するサポート情報によると私の ThinkPad E420に使用されている HM65チップは B2ステップの問題を解消した B3ステ……

裏側のフタを外す

e420panel.jpg

本体裏のフタを外してみたところ、mini-PCIeスロットが無線LANに使用されているモノとは別に拡張用にひとつ用意されていた。

メモリには2枚の「Elpida PC3-10600 2GB(EBJ21UE8BFU0-DJ-F)」が使用されている。

価格: ¥ 15,000
販売、発注: 家電ドットコム ★安心の返金保証 【LB本舗正規代理店】
Amazon.co.jp
価格: ¥ 3,470
販売、発注: ドスパラ
通常2~4日営業日以内に発送
ドスパラ

intel HDグラフィックがメインメモリを最大 1696MB消費する事を忘れないで欲しい。

ThinkPad Edge E420 ユーザーにオススメのパーツ

PR

この記事と関連性の高い記事

ThinkPad T430s ベンチマーク結果

winexperi1.jpg
検証したT430sのハードウェア構成 検証を行ったT430sのハードウェア構成と比較対象とした Edge E420(2011年モデル)のスペックは下記のとおりです。

ThinkPad Edge E420にオススメのパーツ

icon: thinkpad
ThinkPad Edge E420をパワーアップしたり便利にしたりするオススメ商品

Windows7 64Bitはメモリ 8GBじゃ足り無い

メモリ使用率は常時 7GBを超える
1年と半年前、「別に 4GBでも全然不満の無い ThinkPad Edge E420」と感想していたが、現状では全然足り無い。 メモリ使用量は常に 7GB超え。 Firefoxと Chro……

ThinkVantageをアップデートしたら ThinkPad E420が起動しなくなった

icon: thinkpad
ThinkVantageハードディスク・アクティブプロテクション・システムをアップデートしたら ThinkPad E420が起動しなくなった。

Thinkpad Edge E420を 1900時間稼動 感想

icon: thinkpad
Thinkpad Edge E420を 4ヶ月目の感想。