icon: thinkpad

Lenovo曰く ThinkPadシリーズに B2ステッピングSandy Bridgeは使用していない

HM65の B2ステップと同じ問題を持つ QM67に関するサポート情報によると私の ThinkPad E420に使用されている HM65チップは B2ステップの問題を解消した B3ステップの様である。
Amazon.co.jp
価格: ¥ 3,470
販売、発注: ドスパラ
通常2~4日営業日以内に発送
ドスパラ

intel HDグラフィックがメインメモリを最大 1696MB消費する事を忘れないで欲しい。

ThinkPad Edge E420 ユーザーにオススメのパーツ

MEInfoWin.exeで本当のステッピングが確認できる?

B2 stepping QM67 chips incorrectly reported by CPUz or deviceid on ThinkPad W520
"Lenovo has not shipped B2 Sandy Bridge silicon on production ThinkPad systems. The ID being referenced returns the Intel CRID -- Compatibility Revision ID -- of the chip, not the actual chipset revision. This is a feature implemented by Intel and Lenovo on recent ThinkPad notebooks which, in order to maintain image stability required by many Large Enterprise customers, hides a chip revision change from the Operating System, such as Microsoft Windows to keep it from re-installing device drivers when it detects a revision ID change. This is a web page which describes Intel Stable Image Platform Program --http://www.intel.com/itcenter/topics/refresh/sipp.htm "

Lenovoによると、CPU-Z等が表示するリビジョン番号は、実際のチップセットのリビジョン値ではなく、intel CRID(Compatibility Revision ID)機能によって返される値である可能性があるとの事。

intel CRID機能はチップの本来のリビジョン変更を隠す事により、デバイスドライバーのインストールに問題が発生しないように配慮した機能との事。

正確な情報は「 Intel AMT 7.1 Management Engine Firmware for Windows 7 (32-bit, 64-bit), Vista (32-bit, 64-bit), XP (32-bit, 64-bit) - ThinkPad 」よりファイル83rf30ww.exeをダウンロードし、実行する事によりインストールされるコマンドラインプログラム MEInfoWin.exeを実行して確認できる。

MEInfoWin.exeの出力するデータの「PCH Version」の値が「600004」であれば B2ステップ。「600005」であれば B3ステップとの事。

そこで私の E420上で実行してみたところ「600005」と表示された。

C:\Drivers\WIN\ME>meinfowin

Intel(R) MEInfo Version: 7.1.10.1065
Copyright(C) 2005 - 2011, Intel Corporation. All rights reserved.

PMXUtil: Error during PMX Call: PMxDrv!MAPPHYS - Bad Input Parameters
GBE Region does not exist.
Intel(R) ME code versions:

BIOS Version: 8HET30WW(1.12)
MEBx Version: 0.0.0.0
Gbe Version: Unknown
VendorID: 8086
PCH Version: 600005
FW Version: 7.1.10.1065
UNS Version: 7.1.10.1065
LMS Version: 7.1.10.1065
MEI Driver Version: 7.0.0.1144
Wireless Hardware Version: Not Available
Wireless Driver Version: Not Available

FW Capabilities: 17833056

Intel(R) Anti-Theft Technology - PRESENT/ENABLED
Intel(R) Capability Licensing Service - PRESENT/ENABLED
Protect Audio Video Path - PRESENT/ENABLED
Intel(R) ME Dynamic Application Loader - PRESENT/ENABLED

CPU Upgrade State: Upgrade Capable
Cryptography Support: Disabled
Last ME reset reason: Power up
Local FWUpdate: Enabled
BIOS and GbE Config Lock: Unknown
Host Read Access to ME: Disabled
Host Write Access to ME: Disabled
SPI Flash ID #1: C22016
SPI Flash ID VSCC #1: 20052005
SPI Flash BIOS VSCC: 20052005
BIOS boot State: Pre Boot
OEM Id: 00000000-0000-0000-0000-000000000000
OEM Tag: 0x00000000

それでも信用出来ないのであれば

intelによると、実際のところはチップを直接確認するのが一番らしい。

B2 ステッピングと B3 ステッピングのインテル® 6 シリーズ Express チップセットを区別する方法がありますか?
B2 ステッピングと B3 ステッピングを確実に区別するには、チップセット上部に記載されている S-Spec マーキングを確認した上で、以下のいずれかを実行してください。

注: システム固有の BIOS 設定により、インテル® 6 シリーズ・チップセットのステッピング・リビジョン確認用のツール/アプリケーションがステッピング情報を正しく報告しない場合があります

関連する他サイトのページ

PR

この記事と関連性の高い記事

ThinkPad T430s ベンチマーク結果

winexperi1.jpg
検証したT430sのハードウェア構成 検証を行ったT430sのハードウェア構成と比較対象とした Edge E420(2011年モデル)のスペックは下記のとおりです。

ThinkPad Edge E420にオススメのパーツ

icon: thinkpad
ThinkPad Edge E420をパワーアップしたり便利にしたりするオススメ商品

Windows7 64Bitはメモリ 8GBじゃ足り無い

メモリ使用率は常時 7GBを超える
1年と半年前、「別に 4GBでも全然不満の無い ThinkPad Edge E420」と感想していたが、現状では全然足り無い。 メモリ使用量は常に 7GB超え。 Firefoxと Chro……

ThinkVantageをアップデートしたら ThinkPad E420が起動しなくなった

icon: thinkpad
ThinkVantageハードディスク・アクティブプロテクション・システムをアップデートしたら ThinkPad E420が起動しなくなった。

Thinkpad Edge E420を 1900時間稼動 感想

icon: thinkpad
Thinkpad Edge E420を 4ヶ月目の感想。