楽天LTE

基本 Wi-Fiな iPhone利用には必要十分な楽天LTEエントリープラン

モバイルルーターを楽天 LTEエントリープランで利用する事にしました
楽天LTE

我家では、外ではインターネットを利用する事が少ないというか、極力利用しないようにしています。

それでも必要な時はあるため、外出用には一家に一台のモバイルルーターとして、これまで docomoの「Xiデータプランにねん」を利用していましたが、今月より楽天ブロードバンド LTEを利用する事にしました。

「Xiデータプランにねん」は解約金の問題もあり解約できませんが、使わなければ千円程度の出費で済みます。

モバイルデータ通信量節約計画

我家の最近 4ヶ月間の「Xiデータプランにねん」の利用料金はMyDocomoで確認したところ下記表のとおりでした。(10月分が 1,000円高くなっているのはスタートキャンペーンが無効になった為)

月度通信量金額(円)
10月100,105K6,200 円
9月49,912K5,200 円
8月288,546K5,200 円
7月7,941K2,382 円

上記通信量とは別に、プロバイダ料金(ASAHIネット 420円)の支払いが毎月あります。楽天LTEの場合はプロバイダ料金も含まれているので不要となります。

  • 利用用途はスマートフォンによるメール確認、たまにブラウザや地図を利用したりします。

  • 最も利用したのが旅行に出掛けた 8月の約 282MB。この時は「どうせ最大額に届いているから」と思いカナリ無駄に利用していたので、もっと低く抑えることは簡単です。

  • 10月の通信量が多めなのは外出と台風による停電時間の影響かもしれません。

  • 普段は通信量を気にして100MB以下の事が多い。

我家のモバイルデータ通信量月額は下記表の通りとなります。(各種税抜き税別がごっちゃになっている可能性はあります。)

参照

変更前の Xiデータプランにねん の場合

項目料金
iPhone2,100円
android685円
Xi(プロバイダ料込み)1,276~6,828円
合計4,061~9,613円

変更後の 楽天LTEエントリー の場合

項目料金
iPhone2,100円
android685円
Xi(プロバイダ料込み)856円
楽天LTE980円
合計4,621円

参考 Softbankパケットし放題フラット利用

項目料金
iPhone5,460 or 5,985円
android4,410円
合計9,870~10,395円

参考 Softbankパケットし放題フラット利用 iPhone5でテザリング

項目料金
iPhone5,460 or 5,985円
android685円
合計6,145~6,670円

Xiの場合は、使用しなかった場合は安い。最大利用時もSoftbankプランよりも安い。楽天LTEを追加した場合は、最低料金はXiプランよりも500円程度上がるが、最大利用してもそのままである。Softbank純正の場合は料金が高いがルーターを持ち歩く不便さは無い。iPhone定額とデザリングも考えたが、嫁に却下された。(「参照 Softbank~」は残り半年程度の Xi料金を含んでいので個人的には合計に 856円を足して考えます。)

楽天LTEに変更した感想

楽天LTEへ変更した使用感ですが、予定通り同じ docomo回線なので、Xi+Asahiネットの頃と何も変わりません。プロバイダの変更による変化はあるのでしょうが、特に問題は感じていません。

正直なところ最大利用料が200MBでは多少心もとない気もしていましたが、2012年 11月現在はキャンペーン中で、期間内に契約すると制限が 400MBになっており、我家の過去の利用履歴的には、余裕のある通信量となっています。また、仮に月の制限量を超えた場合でも通信速度が 100Kbpsに低下する制限がかかるだけで、通信自体は可能なので、最も大事な「メール送受信」などには影響が無いのも安心です。

通信量制限に関する話

通信量 7GB制限のプランも多いのですが、私の周りのヘビーユーザー(基本外勤、随時株価チェック、ソーシャルゲームプレイヤー、社内Wi-Fi無し)の場合でも 1GB程度の通信量です。家庭でもモバイル通信を利用していたり、PCからも接続している方で無い限り 1GBあれば十分な人が多く、400MBでも十分な人は多いのではないのでしょうか。

比較した他のサービス

楽天 LTEを導入する前に他のサービスも比較してみた。回線品質的には、どれも Docomo Xi(FOMA)網を利用しているため同等である。

提供プラン月額容量制限SIM数初期費用
日本通信bモバイル4G 高速定額2GB
ペアー・ギガバイトSIMパッケージ
2,970円 2GB23,150円
BB.exciteモバイルLTE
500MB
2,415円500MB34,410円
モバイルLTE
1GB
2,835円1GB34,410円
DTiServersMan SIM 3G 100490円+263円100MB13,150円

他社サービスは SIMカードが 2枚以上なのも魅力だが、楽天LTEを 2つ契約しても 2000円以下のなので、楽天の方が安い。

SIMカードが 3枚必要な場合は BB.exciteのモバイルLTEが 2,415~2,835円と安い。

複数SIMカードの場合は初期費用も安くなるのは大きいかもしれない。

LTEではなく 3Gとなるが、「DTi ServersMan SIM 3G 100」は強敵である。月額490円で、100Kbpsの常時接続が可能。高速回線として使用するには、100MB分を 263円でチャージし、専用アプリでリミット解除を行っている間だけ高速通信を行う。チャージした通信量の有効期限は半年だ。こっちの方が良かったかも。

PR

この記事と関連性の高い記事

携帯電話料金が高いのは長期ユーザーのせい

icon: iphone
顧客が安い方を選ばない限り、市場原理で安くなる事はない

ネットワーク関係のiPhone無料アプリ たった3つ入れるだけで超快適

icon: iphone
iPhoneでもネットワーク管理が出来るアプリを紹介

AppleにiPhoneのLightningCarbleを無償交換してもらった。(AppleCare+未加入)

無償交換してもらったLightningCable
付属のライトニングケーブルやヘッドホン等は近所にアップルストアが無くてもサポートセンターに電話をするだけで無償交換してもらえるとの事。

フレッツ光 プロバイダを OCNに乗り換えるだけで 12,000円のキャッシュバック

icon: web
フレッツ光ユーザーなら必見。フレッツ光回線はそのまま。プロバイダのに OCNに乗り換えるだけで 12,000円ものキャッシュバックが受けれるという話。

キャンペーン中につき固定電話への通話料が無料な Viberがメチャメチャ使える

Viber
IP通話アプリ Viberが固定電話への通話無料キャンペーン中