Viber

キャンペーン中につき固定電話への通話料が無料な Viberがメチャメチャ使える

IP通話アプリ Viberが固定電話への通話無料キャンペーン中
Viber

LINE通話とか、FaceTimeとか、Skypeとか、050 plusとか、アプリ間の通話料が無料だったり、通話料が安くなったりするアプリはありますが、Viberもその手のアプリの一つです。

利用者間の通話無料アプリはお互いにインストールしていないと使えないため、先に挙げたアプリよりも利用者の少ないViberは論外だったのですが、現在は固定電話への通話料が無料との事でインストールしてみました。

無料通話だけなら必要なモノ / 不要なモノ

必要なモノ

  • データ通信可能なスマホ(iPod/ドコモのデータ通信契約のスマホ/SIMを挿していないWifi運用のスマホとかでもOK)
  • SMS受信可能な端末(スマホは勿論ガラケー/子供ケータイ類でも OK)もしくは、音声通信可能な電話番号。
  • アドレス帳を参照したい場合はアドレス帳のデータをViberのサーバーに登録しないといけない。

要らないモノ

  • クレジットカード
  • 個人情報の入力

課金システム

クレジットカード登録不要。支払いは先払いチャージ式で、App StoreやGoogle Playを経由し 100円単位で購入可能。通話料金は為替により変動するが、通常の携帯電話同士の料金の半額程度である。

未チャージ状態では有料通話先には発信できないため、知らない間に利用料が徴収されることもないので安心して利用できる。

音質に関しての主観

音質に関してはLINE音声通話よりは良いイメージ。データ通信の状況でかなり変わる。音質的に使えるかどうかは無料期間中に試して判断してください。

固定電話でも掛けられない相手もいた

相手が特殊なキャリアとか特殊な回線を契約している場合なのか、無料で掛ける事が出来ない企業があった。またダイヤル案内(~の場合は[1]を、~の場合は[2]を押してください)でも使えなかったりする。

私の利用方法

アプリはdocomoの iPhone5sにインストールして利用。最初のSMS登録は普段使用していない FOMAの電話番号を登録。これで相手にはiPhone上の Viberから通話しているのに関わらずFOMAの番号が伝わる。折り返しの電話をもらうときはViberに登録した FOMAにかけてもらう。FOMA側は iPhoneと家族回線で転送設定もしているので、iPhoneの電話回線で受ける事も可能。

これまで固定電話に対して、何度も電話しているが特に不満は無し。ツカエる!

Viberに関する情報

Viberは 2010年に発表された。開発会社はベラルーシ。本社はキプロス。拠点はイスラエル。現在は日本の楽天の子会社となっている。

ライバルである LINEからのネガキャンも

LINEからの攻撃

ライバルである韓国企業の LINEさんが、同グループのサイト NAVER上で、Viberは危険とネガキャン攻勢。LINE電話も無料キャンペーンあるかもね。もしくは LINE電話はキャッシュバック攻撃とか?

PR

この記事と関連性の高い記事

携帯電話料金が高いのは長期ユーザーのせい

icon: iphone
顧客が安い方を選ばない限り、市場原理で安くなる事はない

ネットワーク関係のiPhone無料アプリ たった3つ入れるだけで超快適

icon: iphone
iPhoneでもネットワーク管理が出来るアプリを紹介

AppleにiPhoneのLightningCarbleを無償交換してもらった。(AppleCare+未加入)

無償交換してもらったLightningCable
付属のライトニングケーブルやヘッドホン等は近所にアップルストアが無くてもサポートセンターに電話をするだけで無償交換してもらえるとの事。

Apple非認定ライトニングケーブルは iOS7でも警告は出るものの充電利用可能

iPhone5用の怪しい中華バッテリー
私の所有しているApple非認定の格安中華ライトニングケーブルはiOS7でも充電可能でした。