共有フォルダ移動中のタスクマネージャ

Windows Home Server 2011 その 4 - Celeron G530のベンチマークなど

CPUにCeleron G530を使った WHS2011マシンでベンチマークを取ってみた。

結果としては

今回のベンチマークの結果としては単純な CPU性能は期待通りのカナリの物となったが、メモリコントローラがDDR3-1333ではなく DDR3-1066に抑えられているためか、メモリ処理が遅い結果となってしまった。

動画視聴用としては、下記の機能が排除されているため適切なプロセッサーとは言い難いかもしれない。

Celeron G530に搭載されていないマルチメディア機能

インテル(R) クリアー・ビデオ HD テクノロジー

詳しくはインテル公式を参照。画質に関しては拡張ビデオカードを増設する手段は残るが Celeronの魅力は安さだし。

インテル(R) Quick Sync Video

QSVに対応しているソフトならばエンコード、デコードが速くなる。G530は、そのQSVが排除されている。詳しくはインテル公式を参照。

インテル(R) Insider^(TM)

本当に使われるか分からないがストリーミング配信時の著作権保護機能らしい。現在は使われていない機能であり、不要な機能と思うが心配な方には薦められない。ITMedia

HWiNFO64によるスペック

hwinfo64で見るcelerong530

GPUが HD 2000と表示されているのは、HWiNFO64の現バージョンに最新CPUであるG530のデータが無いためと思われる。

比較用として使用したパソコン

  • Celeron G530 (今回の PC OS:WHS2011)
  • Core2Duo E8400 (自作機 OS:WinXP32bit)
  • i5 2410M (ThinkPad Edge E420)
  • i3 2100 (HP p7-1020jp)
  • AMD E-350 (ThinkPad X121e)

比較しているマシンのOSに関しては、本機とCore2Duo E8400以外はWindows7 Home 64Bit版である。E8400のみ 32Bit版OSのため、ベンチマークソフトも 32bitを使用する事となり、低めのスコアになっている点はご了承願いたい。

PassMark PerformanceTest

PassMark PerformanceTestでベンチマークを行った。

CPU

Computer Integer Math FP Math Find Prime SSE Comp Encryption Physics String Sort
Celeron G530 794.6 1004.4 580.7 7.9 2661.9 6.8 131.1 1635.0
C2D E8400 290.3 1130.5 809.4 5.1 3396.2 9.5 172.5 1971.8
i5 2410M 1041.7 1198.2 655.8 16.2 4301.1 12.2 214.5 2525.2
i3 2100 1190.2 1372.9 754.0 18.5 4824 14.0 233.8 2776.7
AMD E-350 153.4 651.2 153.1 3.5 927.0 3.2 47.1 586.2
Core i3 550 328.1 1370.9 859.9 9.9 4630.5 14.3 168.8 2422.8

「Integer Math」の値において、E8400の数値が非常に低いが、64bit版で数値が3倍程度になる項目であるため注意したい。全体的に 64bit版が有利なテストであると考えると E8400は未だ現役と思える結果である。

memory

Computer Allocate Small Block Read Cached Read Uncached Write Large RAM
Celeron G530 3158.0 1331.7 1266.5 1245.3 2647.2
C2D E8400 3017.2 2325.1 2132.4 2017.2 765.2
i5 2410M 5169.3 2196.9 2016.5 2021.7 1483.4
i3 2100 5741.1 2458.2 2283.6 2264.9 3568.9
AMD E-350 1337.1 1079.2 699.0 673.2 615.2
Core i3 550 5073.6 2810.9 2462.4 2766.7 1327.5

気になったのはメモリ関係の性能である。Celeron G530のメモリコントローラのスペックの低さが際立った結果となった。Large RAMの値は高いが、8GBを搭載して計測したデータが G530と 2100のみなので、2100と比較したい。

サーバー機としてもメモリ速度は欲しいところである。

MAXON CINEBENCH 64bit R11.5

CPUSCORE
Intel Celeron G5301.832022
Intel Core i5-2410M 2.530749
Intel Core i3-2100 2.951703

「MAXON CINEBENCH」は描画機能の一つであるレンタリング速度を測定するベンチマーク。SCOREが高い方が高性能です。当然ながらG530は最も低い数値となりました。

使用中の CPU利用率

基本的にファイルサーバーの為、CPU利用率が100%で張り付く様な状況は想定し難い。。

今後「RemoteLauncher アドイン」の使い方や、このマシンでエンコードも行いたい事を考えると i3 2100辺りが恋しくなる。

共有ファイルの移動中

共有フォルダ移動中のタスクマネージャ

WHSの「共有フォルダの移動」処理中に見られた CPU使用率。同処理を行っても常にこのような状態になる訳では無い様だ。

Youtube HD 1080p

Celeron G530は、インテル(R) クリアー・ビデオ HD テクノロジーに対応していないが、コマ落ちも見られず普通に見る事は可能。

HWiNFO64で見るステータス

室温 28度。Celeron G530の最高温度は 47℃となった。

室温 28度の状態で、HWiNFO64を使った測定。ファンはリテール品を使用。

ケースにエアフローが優れているとは言えない15年前のモノを使用したので温度が心配であったが問題は無いようだ。

感想

位置づけ的には「企業の端末向け」だろうか。クライアント用としては通常の利用では何も問題は無いのだが、ちょっと頑張った事をしようと思うと Core iシリーズが恋しくなる製品となっている。サーバー機としても、現在の主流となる仮想化を考えるとコアが 2個では物足りないので「ライト利用向け」と言える。

結局のところ、今時の基準で考えれば「こいつはやっぱり Celeron」と言える商品となっている。「安いのは良いんだけど、やっぱりあと 6千円くらいは追加して i3にしとけば良かったかも…」などと、後悔させたくなる上手い仕様に仕上がっており、intelのラインナップはしっかりと、「さらに 5千円追加で i5に…(G530から 1万円以上追加だが)」「いやいや i7に!」と悩ませる様に仕組まれていると感じさせる一品である。

PR

この記事と関連性の高い記事

Windows Home Server 2011 その 1 - 部品選び

icon: haz
Windows Home Server 2011でホームサーバーを立ち上げる事にした。先ずはハード選び。

Celeron G530はCeleronを名乗っていいのか?

icon: hard
Celeron G530はイイ! スゴクイイ!

Seagate 3TB HDD ST3000DM001 レビュー

icon: haz
Seagate ST3000DM001のベンチマーク

ワンズちゃんねる!さんが Celeron G1610のベンチマークを報告してくれた

onez.jpg
PCワンズさんによるSandyCeleronとIvyCeleronの比較ベンチマーク結果

待望の新Celeron G1610が発売開始!Ivy Bridgeでメモリ速度アップ。更に低消費電力なんだって

icon: hard
Ivy Bridge版Celeronとライバル製品のスペックを比較した