icon: haz

MySQL 5を CSでWindowsにインストールした時の注意点

MySQL 5をクライアント WindowsXP SP3 (32Bit),サーバー Windows7 SP1 (64Bit)の構成にインストールした

以下の構成に MySQL 5をインストールした時にハマった事。

  • クライアント WindowsXP SP3 (32Bit)
  • サーバー Windows7 SP1 (64Bit)
ダウンロードからインストールまで

mysql.com より、クライアントとサーバーのそれぞれ対応する MySQLをダウンロードし、インストーラーを使ってインストールする。

ポートを開放する

ポートが塞がっているならWindowsFirewallが自動で警告を出すと思っていたが、出さなかったので手動で設定しないといけない。(defaultなら、3306)

ユーザー名にマシン名を入れておかないといけない

クライアントから mysql.exeで接続しようとすると、「ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'ユーザー名@マシン名' (using password: NO)」と表示される。

MySQL5の標準設定では、サーバー内からしかアクセスできないようになっているので、サーバー上で直接 rootでログインして、クライアントからアクセス可能なユーザーを作成しないといけない。

「grant select,insert,delete,update,create,drop,file,alter,index on *.* to ユーザー名@マシン名 identified by 'パスワード';」でユーザーを作成しておく。

PR

この記事と関連性の高い記事

Mozilla Firefox 3をインストール後にするべき事

Firefoxロゴ
Mozilla Firefoxは、アドオンが豊富な点が便利なブラウザです。 Mozilla Firefoxは、大変便利で無償で使える良いブラウザです。しかし、昔から宣伝の仕方、……

Operaから広告バナーが消えた

icon: web
いつの間にかOperaが 8.5にバージョンアップしていて、更にフリーになったというので、21日遅れですがインストール。OPERAダウンロードページ 上書きインスト……

フリーなFirewall Agnitum Outpost Firewall

icon: haz
新規インストールした K6-IIIマシンに Firewallソフトをインストール これまでWindows2000用 Firewallソフトは Tiny Personal Firewallを使っていましたが、致……

python2.3jpをインストールしました

icon: haz
httpdサーバーにインストールされているPythonのバージョンが2.3だった為、今更ながらローカル環境であるノートパソコンのpythonを2.2から2.3へアップデートし……

独自ドメインの GmailをEdMax Free版で使う設定例

GmailとEdMax
独自ドメインで利用しているGmailをEdMax Free版から使う設定例を紹介。